仮想戦国シミュレーション小説DataBase

本サイト「異 戦國史」は、管理人自身の趣味でもある、戦国時代をテーマとした、架空戦記、仮想歴史シミュレーション小説のデータベース・サイトです。

これまでに出版され、確認が可能な、全ての該当小説を全て網羅できるよう、現在もデータを追加中で、現状は学習研究社の歴史群像新書シリーズを全巻網羅しています。また、主要武将、描画時期などに分類して見やすくしたいと思います。

ちなみに、1994年に1巻が発刊され、大ヒットした、仲路さとる先生執筆の小説のタイトルは『異 戦国志』(詳細はこちら)で、実は『史』と『志』の字が異なります。


最新刊

今後の発刊予定

真伝 大坂の陣 2  真田幸村の覚悟

真伝 大坂の陣

伊藤浩士

2010年07月30日
学習研究社 歴史群像新書
9784054046436
詳細
大坂方を把握した真田幸村ら牢人衆は、攻め寄せる徳川軍相手に有利に戦を進めていた。しかし、淀殿が家康と和睦し、大坂城は堀を埋められ危地に陥る。しかし、そこまでも読み切っていた幸村は勇躍、大坂城から出陣。ついに起死回生の大仕掛けを策動させた!

戦国の勇者 14 - 箱根峠進撃戦!

著者:津野田幸作

発刊:2010年07月
出版:学習研究社 歴史群像新書
徳川・羽柴連合軍を蹴散らし、安土城で再起を図った真田軍は、裏切り者の蒲生氏郷を葬るべく日野城を強襲。一方、島左近は北条軍を潰滅するために、箱根峠に向かって進軍を開始しする。さらに九鬼水軍と共に真田軍が小田原に上陸し、奇襲作戦が始まった!

異説桃山戦記 - 三成死すべし 2 - 秀頼の葛藤

著者:尾山晴紀

発刊:2010年07月
出版:学習研究社 歴史群像新書
生死不明だった豊臣秀頼と真田幸村は、突如、豊前中津城に現われ、福島正則、加藤清正たちの前で「打倒三成」を宣言。決起した豊臣軍は大坂城を奪還し三成の片腕・藤堂高虎が守る伏見城を包囲する。秀頼対三成。その直接対決が目前にまで迫っていた!

今後の発刊予定

幸村大軍略記 3

著者:百目鬼涼一郎

発刊:08月31日予定
出版:学習研究社 歴史群像新書

関ケ原六文銭記 2

著者:神尾秀

発刊:08月31日予定
出版:学習研究社 歴史群像新書

豊臣軍戦記 5

著者:津野田幸作

発刊:08月31日予定
出版:学習研究社 歴史群像新書